2005年11月25日

注射いやだよ〜

小児科に行く度に予防注射を受けるイチロー。いくら赤ちゃんでも学習するんですね。診察室に入った時から、なんだか落ちつきがありません。 
今日はそんな現場をシュミレーションしてみましょう。

まずDr.Smith は優しいので大丈夫だよと励ましましょう。

Ichiro, Dr. Smith is really nice.
(スミス先生はすごく優しいよ。)


You don't need to worry about anything.
(何にも心配いらないよ。)


といいながら、だっこしたり、他のことで気を紛らわせたり。

スミス先生が身体のあちこちをチェックして、異常なしと太鼓判。
入れ替わりに、看護婦さんが注射器を持って入ってきます。

イチローは明らかに動揺しています。(かわいそうでした。)

看護婦さんは有無を言わさず、ブスブスと注射器をさして、蛍光イエローのバンドエイドを貼って、去っていきました。

大声で泣くイチロー。
もう注射が終わったことを伝えましょう。

The shot is done!
(注射は終わり!)


よくがんばったと誉めてあげたいですよね。

You were good!
(よくがんばったね!)


今日はこれで終わりです。 必要だとわかっていても予防注射はやっぱり辛いですね。

【関連する記事】
posted by イチローの母 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。