2007年06月20日

かんしゃくはやめて〜!

イチロー君の反抗期がそろそろ本物になってきました。外は暑いし(今日は最高気温108度、摂氏で言うと42度)、イチロー君は暴れるし、かなわないですね〜。育児書で調べてみると、小さいかんしゃくを小出しに出させる方が、大きなかんしゃくを1発もらうより良いと書いてあったので、むしろこの「小かんしゃく」を喜ぶべきなのでしょうか???

これからしばらく「かんしゃく」関連(?)の英語が増えると思います。イチロー君のかんしゃくがどれぐらい続くかによりますが。(笑)

「かんしゃく」って言うのは、英語ではtantrumtemper tantrumと言います。

「イチローがかんしゃくおこしている!」って言いたい時は、

Ichiro is throwing a tantrum!
(イチローがかんしゃくをおこしているよ。)


このほかに、throwing a fitという言い方も使えます。これは、「かんかんに怒っている」という意味になります。

How come Ichiro is throwing a fit?
(イチローはなんでそんなに怒っているの?)


それからもうひとつ、terrible twosっていう英語、聞いたことがありますか? これは、幼児期の反抗期という意味です。だいたい2歳あたりが多いからでしょうか、こういう名前が付いています。

今日はこれで終わりです。

英語学習 ランキング」に参加しています。

英語学習 ランキング ← 読んで「ためになったな〜手(チョキ)」と感じたら、クリックしてくださいね。


posted by イチローの母 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長・発達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。