2007年03月19日

「なに言ってるのか、わからないよ〜」

2歳児の会話は、良く言えばフレキシブル。悪く言えば、支離滅裂。イチロー君のくちぐせは、"eating a booboo" (boobooは幼児語で「傷」です。) Oh,no!!!と反応すると大喜びします。(こんなことで大喜びできるのはうらやましいけど。)

たくさんお話しできるようになって嬉しい反面、意味不明なことが多いです。英語と日本語をまぜまぜで文章を作ることがあるので、イチローの父は「何言ってるのかわからないよ〜」の連発。以前にもこのネタ をやりましたが、今日は違う表現を見ていきましょう。


車大好きなイチロー君。イチローの父に、Ku-ru-ma!!と言っていますが、イチローの父はチンプンカンプンです。 そこでイチローの父が言った言葉は、

Sorry, I am not catching it.
(悪いけど、何を言ったのかわからないよ。)


以前に紹介した、

Sorry, Daddy doesn't understand what you said.


も同じ意味です。 使いやすい方でどうぞ。


今日はこれで終わりです。

英語学習 ランキング」に参加しています。

英語学習 ランキング ← 読んで「ためになったな〜手(チョキ)」と感じたら、クリックしてくださいね。
posted by イチローの母 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長・発達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。