2006年01月04日

新年特別企画 「ベビーサイン」

明けましておめでとうございます! 今年も「赤ちゃんに英語で話しかけよ!プロジェクト」をよろしくお願いします。

12月は「英語でクリスマスソングを歌おう」という企画を展開したので、赤ちゃん英語とは縁のない人たちにもこのブログを見てもらえて、感謝です。

1月に入って予想通りアクセス数は減りましたが、本来の目的、「赤ちゃん英語」をパワーアップさせてがんばりたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

と、硬い決意の矢先、イチローが高熱、大量の目やに、耳痛に悩まされ、イチローの母も父もアタフタ。 赤ちゃんが病気だと、本当に大変ですよね〜。


今年最初のブログなので、私のNew year's resolution 「ベビーサインを試してみよう企画」についてご紹介したいと思います!

最近は日本でもベビーサイン関連の書籍、講習会があるようですが、アメリカは本家本元。本屋には関連書がずらりと並んでいます。とはいえ、周りにベビーサインを使って赤ちゃんとコミュニケーションを取っている人がいないので、果たしてイチローがサインを出すまでになるかどうかは半信半疑です。そこで、「本当に使えるようになるのか?」、「何日目で使えるようになるのか?」、「本当に有益なコミュニケーション手段なのか?」を実際に検証しる企画を思いつきました!


一口にベビーサインと言えども、ドクター○○○が開発したサインというのが、山のようにあって、どれを選んだらよいのか迷いました。

おそらくサインについての基礎的なものはどれも同じだと思うのですが、サインが若干違ったりするようです。とりあえず、American Sign Language(アメリカ人の手話)に基づいて開発したという、Joseph Garcia博士のサインにすることにしました。(DVDが付いてるので、実際のサインを見られるのも気に入りました。) 


本の内容を簡単に紹介します!

まず、「なぜサインを使った方がいいのか」ですが、言葉がままならない乳幼児が、サインを通じて自分の意思を示せたら、お母さんは「ミルクかしら?」「頭が痛いのかしら?」と推測する手間が省けます。 DVDの中で、1歳ちょっとの赤ちゃんが、耳の横で[Pain]というサインを出し、耳痛を親に知らせていました。(もし今イチローがサインができたらな〜とうらやましくなりました。)


次に、「サインが出来ると言葉が遅れる?」という疑問を持つ人が多いようですが、「サインを使える子の方が、言葉の習得が早い」のだそうです。 DVDを見る限りにおいては、サインを使える乳幼児は他人とコミュニケーションを取ろうという意欲が旺・なので、コミュニケーションの手段として「話すること」にも興味をもつかもしれません。


サインを教え始めるのは、「7ヶ月」からが適当だそうです。7ヶ月前の赤ちゃんは短期記憶が十分に発達していなくて、教えても覚えられないそうです。


親にとって一番大切なのは、「根気と継続」です! 何日か教えてすぐ使えるようになるかもというミラクルはありません! 最低2ヶ月ぐらいはかかるのが普通なようです。「こいつはもしかしてアホちゃうか」と思いながらも、何度も何度も同じサインを見せる根気が必要です。赤ちゃんの世話をする人が他に居たら、その人にもサインを使ってもらうようにすると、より効果的です。


最初に重要なサインを「3つ」、常に使ってみます。赤ちゃんがサインを使ってコミュニケーションを取れるということに気が付かせるまでに、かなり時間がかかるので、よく使う3つの基本サインを継続して使って見せるのだそうです。


その3つのサインとは、「ミルク」、「もっと」「食べる」です。 「ミルク」のサインは、右手でニギニギします。「もっと」は、揃骨をトントンと2回合わせます。「食べる」は、右手を口のところに持っていって、指をこすり合わせます。


この3つのサインを繰り返し、繰り返し、イチローに見せて、何日目に自分の方からサインを出すようになるかを測定しようと思います。

12月27日からスタートして、1月3日現在、全く反応がありません。「なにやってんのかな〜」という不思議そうな顔をしたことは何度かありましたが、それだけです。


DVDに登場する乳幼児は、はっきり言ってすごいです。 [more][food][please]という3つのサインを立て続けに出したりして、サインをフル活用して、自分の意思をはっきり示していました。


もうすぐ11ヶ月になるイチローは、バイバイもパチパチもできないので、あんな風にサインを出せるようになるなんて、夢また夢です。「ダメで元々」チャレンジで、がんばります!


ここで紹介した本は日本のアマゾンでも売っていますが、英語の本なので、がんばって英語を読んでみようという人にお勧めです。DVD付きなので、結構わかりやすいです。

イチローの母使用本 「Sign with your Baby Complete Learning Kit」

今日はこれで終わりです。 次回は通常モードで、英語の勉強がんばりましょう!

posted by イチローの母 at 08:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お姉ちゃんの文章を書く力には驚いてます
読んでいて面白いです
baby signうまくいくといいですね
Posted by papa at 2006年01月12日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11314995

この記事へのトラックバック

乳幼児
Excerpt: 乳幼児乳幼児(にゅうようじ)は、乳児、幼児を合わせた呼び名。乳児は児童福祉法では、生後0日から満1歳未満までの子をいい、幼児は、満1歳から小学校就学までの子のことをいう。.wikilis{font-s..
Weblog: 頑張れママ!子育て大事典
Tracked: 2006-01-15 10:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。